「100年後のアンティーク家具へ」

 

素材としてのウォールナットを突き詰めることで見える

 

そのインテリアの表情は、使う人の人生とともに歴史を重ねながら

 

深みを帯び、100年後の人たちにも愛着を持ってもらえるような

 

家具づくりをコンセプトとしています。

 


林業をルーツとする「トーア」だからこそ、森を守りながら、

 

「壊れないものづくり」を目指しています。

 

また、木を知り尽くした職人達による「曲げ木」の技術は

 

家具のデザインに幅を広げております。